5 Centimeters Per Second

7Dで撮った写真と共に日々雑感。

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

機材紹介。 

2010/11/21
Sun. 14:02

一眼レフを始めて2年ちょっと。

この間に機材も増えました…
いくら掛かったか考えると怖いけど
まぁ趣味ってそんなもんかなってことで
あまり深くは考えないようにしてます。

せっかくなので機材紹介を防備録を兼ねて…。

SONY DSLR-A700
DSC00015-S.jpg
カメラ本体です。
もう使い始めてだいぶ経ちますが
ステップアップしようとα300を友人に譲り某オークションで購入しました。
今となっては当たり前のように殆どの機種についている
ライブビューや可動式のディスプレーがないのは不便ではありますが
それでも手に持った時の感じとかは非常に好きです。
後継機の噂は気になるトコではありますが
特に不満もないのでしばらくはずっと使って行きたいと思ってます。
写真のようにSONY Vario-Sonnar DT16-80 F3.5-F4.5ZAを付けているコトが多いです。

SONY Vario-Sonnar DT16-80 F3.5-F4.5ZA
DSC00009-S.jpg
メインレンズです。
使い始めた頃はもうちょっと望遠じゃなくて大丈夫かなぁて思ったりもしましたが
殆どこれで足りる事に気がつきました。
某オークションで購入ですが、やはり値段の甲斐あって
技術不足をカバーしてくれる一本ですw

SONY F2.8/100mm MACRO
DSC00010-S.jpg
所有している唯一のマクロレンズです。
単焦点レンズを手に入れるまでは明るいレンズとして
夜間撮影やスナップ写真の際も活躍してくれました。
植物を撮るのも好きなんで今でも頻繁に持ち出すレンズです。
こちらも某オークションにて購入。
ずっしり感も良い感じです。

MINOLTA HIGH SPEED AF APO 80-200mm F2.8G
DSC00011-S.jpg
一番最近購入したレンズです。
これでおそらくレンズの購入は最後になるかと思いつつ某オークションで購入。
やはり特筆すべきはその存在感。
腕が疲れて仕方ないのは今後の課題ですが…。
まだまだ使いこなせてないですが
明るい望遠レンズということで今後持ち出す機会が増えそうです。

MINOLTA AF50 F1.7
DSC00005-S.jpg
一万円を切る価格に惹かれて某オークションで落札。
その小ささも気に入ってます。
α700に着けると換算75mmということで
ちょっと遠めの夜景撮影の際に使ってます。

SIGMA 30mm F1.4 DC
DSC00008-S.jpg
俗にいう標準レンズです。
明るいF値からも結婚式や散歩がてらの夜景撮影にと大活躍です。
また旅行や出張にカメラを持って行く際も荷物を減らしたい時は
これだけ着けて行くことも多いです。
同じSIMAのレンズでもCANONやNIKONマウントと違って
SONY用は距離指標がプリントなのがちょっと不満ではありますが…。
まぁ写りには全く関係ないので我慢です。

SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC
DSC00007-S.jpg
一本で幅広い焦点距離をカバーしてくれる便利レンズです。
カメラを始めた頃にα300の付属のレンズからの買い替えで購入しました。
最近では動物園に行く時に使ったりもしましたが
外でレンズ交換が出来そうもない時に着けています。
ただ最近は16-80がメインになってしまったので
留守番している事が多くなってしまいました。

TAMRON 11-18mm F4.5-5.6(Model A13)
DSC00006-S.jpg
最後は広角レンズです。
初めて着けてファイダーを覗いた時の衝撃は忘れられません。
なかなか使う機会がないのと、フードを着けるとどうしてもかさばるので
留守番の多いレンズではあるけれど
やはり独特の写真が撮れるので
今後はもっと持ち出そうと思ってます。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://cacou.blog68.fc2.com/tb.php/310-2c3b3a1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。